banner

西村日出穂さんの背中から学んだこと

私が社会人1年目として勤めた会社で、1年間だけ一緒に働いた方のことが忘れられません。
その方は、西村日出穂さんといって見た目はごく普通の方なのですが腎臓に疾患を持っていて週に2回透析に通う必要があり、障害者枠での入社をされていました。
西村さんとしては、営業職を希望していたようですが、会社側は営業は体力面でも心配があるとして私がいた管理部でのお仕事をしていました。
器用な方ではありませんでしたが一生懸命だということがヒシヒシと伝わってくる方です。
ですから、会社側も熱意を買って、私が入社した翌年には営業職へ抜擢されていました。
営業部では、みるみる間に成績を伸ばして行き、半期で営業トップとなっていました。
きっと私や会社が感じた熱意が、相手の企業にも伝わったのだと思います。
そんな状況であれ、一生懸命やること、そう西村日出穂さんの背中から教わりました。
あれから数年が経ちましたが、今も西村さんは営業のトップとして会社を引っ張ってくれています。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.cchpkas.com/