banner

ビットコインで最初に購入されたものは

ビットコインは、2009年に誕生しました。
かなり新しい仮想通貨ですが、今では世界中で多くの人が利用しています。
あまりに価値が高騰したことで、日本のワイドショー番組でも取り上げられたことがあるほどです。
最初は、2009年に、謎の人物が発表した論文が発端でした。
あまりに革新的な理論であったため、新しいものが大好きなネットユーザーの間で急速に拡大していきました。
ビットコインが、一番最初に利用されたのは2010年であることがわかっています。
取引の履歴がインターネット上に永久に保存されるので、どんなに古い取引でも誰でもチェックすることができます。
そのため、2010年に誰が何を購入したのかもわかっています。
初めて購入されたのは2010年5月22日のことで、購入されたのはピザ2枚でした。
今では、ピザの日として定着しています。
ピザ2枚の価格は1万BTCでした。
2015年現在の交換価値が1BTC、137ドルなので、1枚6650万円のピザということになります。
このことからもわかるように、ビットコインの価値は年々上昇しています。
使用できる範囲も広がり、使用者も増え、これからもますます価値は上昇していくでしょう。
利用を始めるのなら早いほうが良いと考える人が多くなっているのも当然です。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.cchpkas.com/