banner

埋没法?切開法?二重まぶた整形方法、どちらを選ぶ?

一重まぶたや切れ長の目の人が多い日本人にとって、ぱっちりとした二重まぶたは憧れの的。
最近は、ハーフタレントがブームになっていることもあって、「ハーフみたいなぱっちりとした目になりたい」と美容整形の門を叩く女性が増えているそうです。
二重まぶたの整形方法といえば、「埋没法」と「切開法」が有名ですが、どちらがよいのか、メリットとデメリットを検証してみました。
プチ整形の代表格ともいえる埋没法は、メスを使わない施術法として人気です。
費用の相場も10万円以下なので、気軽に受けることができますが、埋没法は永久的なものではなく、腕が悪いとすぐに元に戻ってしまうこともあるので、病院選びは慎重に行いましょう。
保証制度のある病院もあるので、そういったところを利用すると安心ですね。
一方、切開法は、その名のとおりメスを使うやり方ですが、最近は「ミニ切開法」といってほんの少しだけ切る方法もあります。
切開法のメリットは、どんな形状の目の人にも対応できること、そして、一回施術を受けると半永久的に効果が続くことです。
費用の相場は20万円から30万円程度と、埋没法に比べてやや高めですが、一回の施術で確実に効果を得たいという人におすすめです。
埋没法と切開法、どちらにもそれぞれメリット、デメリットがありますので、自分に合った方法を選択し、ぱっちり二重をめざしましょう。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.cchpkas.com/