banner

気になる新しい暗号通貨

インターネット上で取引をすることから、仮想通貨とも呼ばれている暗号通貨ですが、世界を見回してみるとショッピングサイトなどで支払いをするための決済方法として使えるところが増えています。
日常生活で普通に支払いをするために使える新しい通貨として、すでに利用している人もいる中でさらに注目を集めているのが、新しい投資方法という面です。
ビットコインがわずか1年ほどで約数百倍に膨れ上がるというバブルな動きを見せたことから、一躍注目を集めることになりましたが、大手取引所における不正が発覚して取引所が倒産、価値が暴落するという結果になったこともよく知られています。
けれどもこれを機に、ビットコイン以外にも新しい暗号通貨がたくさん登場し始めており、それぞれに特徴を持たせて取引を行っています。
例えば、日本を中心にアジアで人気が高まっているものの中には、持っているだけで利用者が使った分の手数料がもらえるというものがあります。
利用者が増えれば増えるほど、持っているだけで手数料分のお金が貯まっていくことになり、濡れ手で粟とはこのことです。
このような付加価値はあまり見られないだけに、暗号通貨の事業を行う先でも利用者を増やそうと、さまざまな努力をしているということがわかります。
多くのメリットがついた通貨ならどんどん価値が上がっていくのは間違いないことから、早く情報を集めて早めに取り掛かることで勝ち組に入れそうです。http://virturalcoinnews.com/


Copyright(c) 2012-2013 http://www.cchpkas.com/