banner

より便利に複雑になっている労働スタイル

パソコンが導入されたことによって、それまでの働き方は一変しました。
特にバブルの頃のように体力勝負の働き方でなく、よりクオリティを高めつつ、労力を低く抑えるといったコストパフォーマンス重視の働き方に変化し続けております。
インターネットが強化されてからは、どこでもメールを受信することができるようになったために、わざわざオフィスに行かなくても仕事ができるようになりました。
中にはフリーでオフィスを持たずに稼いでいるノマドと言われる方なども増え、労働スタイルは細分化され複雑になってきております。

しかし、日本国内には、一定数の会社主義の方がおり、中々新しいスタイルは受け入れられない環境がありました。
しかし、2020年の初頭から徐々に猛威を振るい始めた新型コロナウイルスの影響によって、そういったことを言っている状況ではなくなってしまいました。
特に東京都内にオフィスがある会社の場合には、緊急事態宣言によって、無理に出社させている会社は肩身が狭い思いをしました。
テレワークを主とした新しい働き方は、急速に労働の在り方を変えていきました。
また、HRコボット for 応募対応のようなRobotic Process Automationサービスなども積極的に導入し、働き方改革を行う企業も増え始め、徐々に労働の在り方が変わりつつあります。

https://kobot.jp/hr/lp/002/

Copyright(c) 2012-2013 http://www.cchpkas.com/