banner

かどわきの素材を最大限に活かしたメニュー

仕事の打ち上げで麻布十番にあるかどわきに初めて連れて行ってもらいました。
新しい感覚の日本料理のお店と聞いていましたが、食材の組合せが面白いなと思ったのが最初の感想です。
とうもろこしの茶碗蒸しにフォアグラソースがかかっていたり、トリュフが炊き込みご飯になっていたりと、たしかに普通の日本料理とは少し感覚が違うようです。
でも、いろいろな料理を味わっているうちに、どれも素材の新鮮さや旨味が十分に生かされていて、一つひとつに丁寧な仕事を施していることがよく伝わってきました。
厳選された食材の旨味を最大限に引き出したお料理だと思います。
食事の美味しさとともに、使われている食器の素晴らしさにも目が奪われました。
料理を上品に引き立てながらも、自らの美しさも主張しているような豪華でセンスの良い器たちでした。
かどわきの店内は木を多用したぬくもりのある内装になっていて、柔らかい光の効果と相まって実にくつろげる空間になっています。
私たちが利用した個室も、光や風がきちんと計算された造りになっているようで、初めての店なのになぜか落ち着ける安らぎを感じたのでした。
ふたたび、あの一皿を味わいたい、そんな風に思わせてくれるお店です。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.cchpkas.com/