banner

視野の変化と飛蚊症で不安を持つ方は速やかに眼科へ

視力低下をカバーするため、眼鏡を日常的に使用する方々がいます。
眼鏡を毎日かけ続けていると、自ずとレンズに汚れが付くものです。
ソフトな布で定期的に掃除すれば、常にピカピカな視野で生活出来ます。
ただ、人によってはいくら眼鏡を磨いても視野にゴミのような物が、残った感覚が続く事があります。
眼鏡のレンズには何のゴミや曇りも付着していないのに、なぜか透明色のゴミ、小さな生物のような破片が視野に浮かぶ、そういった悩みを持つ方々も少なくありません。
その症状は、おそらく飛蚊症である可能性が高いです。
症状の名称が表す通り、飛蚊症は常に蚊が周辺を飛び回っているように感じる状態です。
蚊のようなゴミ、不自然に移る透明色の小さな物体、その原因は心労や疲労ではなく、目による問題だと言われています。
飛蚊症には身体に影響が無いパターンと、眼病の影響によって生じるパターンの二種類があります。
成人を迎えてから病気の症状に気付かれる方々も多く、不安を感じる方々は、必ず眼科のドクターの意見を聞きましょう。ttp://matubaracl.com/floaters/

Copyright(c) 2012-2013 http://www.cchpkas.com/