banner

建築業界で働くならスクールでCADを学ぼう

昔は、建築に必要な図面などは手書していたものですが、
最近はCADを使って好きなように図面を作成することができます。
作図が容易にできて、
しかも修正もぱぱっとできてしまいます。
それに、データを渡せば、
他の人でも修正や変更をすることが簡単にできます。
複製だってすぐにできます。
寸法を書き入れるのも拡大縮小で簡単です。
各種データを打ち込めば、
さまざまな解析だってすぐにできます。
こんなメリットがあるため、
建築業界ではCADができると就職に有利なんです。
IT関連の他の資格と違い、
この資格は独学よりもスクールに通って学んだほうがいいと思います。
なぜなら資格をとっても実践で活かせなければいけないからです。
アビバでは、
鹿島グループのアクト・テクニカルサポートとタイアップしています。
そのためより実践的に学ぶことが可能なんです。
設計現場で培った豊富な経験が活かされているというのですから、
これからCADを学びたいという方には打ってつけの講座でしょう。
しかも、試験に必要なITの基礎知識も学ぶことができ、
資格取得後は鹿島グループのアクト・テクニカルサポートに、
派遣登録をすることもできるそうです。
これなら、資格を取って即仕事ができるかもしれませんね。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.cchpkas.com/